事故車って何?修復歴って何?どこが違うの???


中古車を購入するときに、店頭に並べてある車を見に行くと思いますが、窓のところに色々な事を書かれているプレートが飾ってありますよね。
もしくは中古車情報誌にも車の写真と一緒に色々な情報を記載した欄があります。
普通は価格とか年式とかその車に関する情報が書かれていますが、そこに「修復歴有り」もしくは「修復歴無し」と書かれているのを見たことありませんか?
タイトルにある事故車というのはこの修復歴有りの車の事を言うのです。
事故車とは私達が何気なく使っている言葉ですが、中古車業界では事故車とは言わず、修復歴と言います。

では修復歴って何?
読み通りに解釈すれば、何かしら修理した車の事を修復歴有りと捉えますよね。
ちょっとぶつけて凹みを直したとか、エンジンの部品が壊れたので修理したとか、車を修理したらなんでも修復歴有りとなりそうです。
しかし、実は中古車業界ではこれくらいでは修復歴には当たらないのです。
車の外装を直したり、エンジンのパーツを交換したくらいでは修復歴無しです。
走行に支障が出る骨格部分(フレーム)を修理した場合に修復歴有りとなるのです。

例えば、ぶつけてバンパーを交換したとか、ガラスにヒビが入ったので交換したくらいなら中古車屋さんでは修復歴無しと扱われます。
これがフレームが曲がって真っ直ぐ走らないので修正するとか、サスペンションの取り付け部が割れたのでサブフレーム交換とかなら修復歴有り=事故車となるのです。
中古車を購入するときに事故車かどうかを気にする方も多いと思います。
いくら修理したとしても、また不具合が出ちゃうんじゃないかとか、事故を起こしたときに安全なのかとか考えますよね。
当然、修復歴有り(事故車)より修復歴無しの方が安心ですから、修復歴の有り無しは要チェックです。
プレートに記載がない場合は店員さんに確認してみましょう。
とても大事な事なので忘れずに。

中古車屋さんによっては、取り扱っている全ての車両が修復歴無しとアピールしているお店もあります。
そういったお店で購入するなら問題ないと思いますが、その一方で修復歴有りの車を並べているお店もあります。
どうしても不安なら修復歴有りの車は選ばなければいいのですが、それだといつまでも売れない不良在庫車になってしまうので、お店側も通常より安い価格を提示してきます。
修復歴有りだけど安いですよ!と謳っているのです。
別に修復歴有りの車を販売しても何の問題もありません。
ちゃんと車検が通れば公道を走れるのです。
リサイクルショップでも傷ついた家具などは修理して販売しています。
それと同じ事です。

人によっては中古車を購入するときに安ければ何でもいいという人もいるでしょう。
普段あまり乗らないとか、数ヶ月しか乗らないとか人それぞれです。
そういった人は修復歴を気にしないので、車検さえ通れば何でもO K!
通常より安く買えてラッキー!と考えます。
事故車と聞くと何かと問題がありそうな気がしますが、試乗して違和感が無ければ購入しても良いでしょう。
もし心配なら信用できるお店を探すか、修復歴無しの車を選びましょう。
事故や災害でダメージを受けた車の買取専門の大手業者さんもありますね。

https://www.hanamaru870.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。